サンつがるりんご

サンつがるりんごとは

サンつがるは「ゴールデンデリシャス」 に 「紅玉」 を掛け合わせた品種で、 その中でも 無袋栽培によって栽培されたものを 「サンつがる」 といいます。

青森県りんご試験場が育成したりんごで、1975年に「つがる」として品種登録されました。 8月に収穫される早生種で果肉はやや硬めで果汁を多く含みます。花粉親が酸味のつよい紅玉ですが、 つがるは酸味はあまり強くなく、甘みとの バランスがとれていて風味も良好です。

出回り始めるのは8月中旬ころからだが9月初旬後半ころから9月中旬にかけて食味が良くなります。

以前は、 有袋栽培の「つがる」 と無袋栽培の「サンつがる」 の両方出回っていましたが、現在ではほぼ無袋栽培に切り替わっており、 有袋はほぼなくなってきています。 収穫前の落果が多く、 昔は「咳払いをすると落ちる」と嘆かれたそうです。

「りんごの名前の前にある 「サン」 ってなに?」

「サンつがる」 や 「サンふじ」などのように頭に 「サン」 が付くものと付かないものは、何が違うのでしょうか? 名前の頭にサンが付くと袋を掛けずに栽培 (無袋栽培) したことを意味します。

元々、 病害虫から果実を守るために袋掛けが始まったのですが、 現在は、 着色と貯蔵性向上のために主に行われています。 有袋栽培は労力がかかり、 袋代などのコストもかかり、 無袋栽培に比べて食味も劣るので現在は無袋栽 培が主流になってきています。 また無袋栽培率が高い品種(紅玉、 昴林)や 青りんごの (王林、 きおう、 トキ) などは、 無袋栽培の場合でも、「サン」を 付けずに呼ぶことがほとんどです。

旬のカレンダー

9月 10月

ご購入はこちらから