山梨一宮の桃

山梨一宮の桃とは

山梨では桃はおよそ200年前からすでに栽培されていました。

天候に左右されやすいものの、県内各地で数多くの新品種が開発され、生産量は日本一を誇ります。

 

山梨県笛吹市の一宮町地区は県のほぼ中央に位置。

昼夜寒暖の差が大きく、日照時間・水はけの良い土壌など、高品質の桃が栽培されやすい土地柄です。

桃は食物繊維やミネラルが豊富。

一宮の管轄農協であるJAふえふきでは、温室栽培から露地栽培まで高品種な桃が生産されております。

中でも果肉はしまり乳白色な「日川白鳳」、果肉がち密で甘く多汁な[白鳳」大玉で果皮が鮮紅色の「浅間白桃」などが代表品種です。

一宮の桃は透過式光センサーにより糖度・形状を瞬時に計測して選別される最新鋭システムで出荷されます。

旬のカレンダー

4月 5月 6月 7月 8月