秋映りんご

秋映りんごとは

「秋映」は長野県中野市の小田切健男氏が1981年(昭和56年)に「千秋」と「つがる」を交配させ生まれた実生から選抜・育成させた品種で、1993年に品種登録されました。出願時の名称は『高秋』 だったそうです。

秋映は、長野県が生み出したリンゴとして「シナノスイート」「シナノゴールド」 と共に長野県の『りんご三兄弟』と呼ばれています。

※『りんご三兄弟』は全国農業共同組合連合会の登録商標となっています。

甘みと酸味のバランスが良く、果皮は濃い紅色に着色します。 特に寒い地方では赤黒くなりやすく、長野県など南の地方でもなりますが、 青森県などの寒冷地では色が付きすぎて赤黒くなりやすい品種です。

また、果硬付け根のくぼみの部分が黄緑色のまま残ることが多い品種でもあります。

旬のカレンダー

9月 10月 11月

ご購入はこちらから